電気式床暖房構造を内蔵したフローリング製品も   

2010年 06月 30日

1913年の北海道では主としてヨーロッパに輸出されるナラ材の端材を処理するために製造が開始されている。 最近では、建築様式や需要の多様化に伴い、単層の床のほか、複数の素材で構成される複層(複合)フローリングが多く生産されるようになっている。 製品に加工による分類単層フローリング フローリング全体が1つの木で構成されています。無垢材の呼称が一般的。無垢な独特の風合いがあり、経年変化によって、より深い気分を演出。 乾・湿による狂い(変形)が大きく、施工時の注意が必要です。また、施工後に、取り扱い・メンテナンスが、状況に大きな影響を与えることがある。製品の施工には全然表面処理をしていません(ワックスを除く)*施工後表面処理(研磨塗装等)することは、表面処理を施したもの(塗装・焼きなど)に大きく分けられる。 複層フローリング いくつかの層の下地合板の上に0.3〜2mm程度の厚さの木の単板を張ること。木の質感がそのまま出てくる。支障が無垢材に比べて少なく、施工・メンテナンス・取り扱いも堅い材料に比べて容易である。多くの塗装されており、色もさまざま。 (ただし、表層を越えて破損されている場合は、見た目が非常に悪くなる。) WPC床材 複層フローリングの表面材とプラスチックで処理した単板を利用したもの。手入れが簡単で安価であり、傷(表面に擦り傷程度に限る)にも強いのですが、木の質感が落ちる。支障が無垢材に比べて少なく、施工は、複層床材と同様に維持扱い易い。 MDF床材 複層フローリングの素質合板ではなく、MDF材を使用したフローリング。デフォルトでは、複層床材と同様。 その他防音機能を備えた床材 アパートの階下への防音性能を向上させるため、複層床材裏にゴム・ウレタンなどのクッション材を貼り床材。 遮音性能に等級がある。 (防音評価) クッションに慣れるように床材の裏面にスリットが入っているので柔らかい。 (このような理由で、施工後しばらくは、曲げ木が慣れるまでは音の鳴ることがある。また、フローリング同士の擦れ合い音鳴りすることがある。) 元々はマンションの施工を目的として作られたが、直張り床材(下記参照)で、施工を安価になることが多く、そのほかにも使用されている標準になっている。 床暖房対応フローリング ガス、電気などの埋設式床暖房の表面に付けるための製品。表面のコーティングと水分の含有量が通常のものと異なっている。 電気式床暖房構造を内蔵した製品もある。 低ホルムアルデヒド製品 シックハウス症候群の防止に対応する製品。 建築基準法は、F☆☆☆☆等級以下の製品は、使用制限があるので、ほとんどの製品でサポートしている。 製品製品単体形状上の分類 定尺フローリング 規定の長さの統一のフローリング。複層床材WPC床材は大部分を占めている。長さ幅のメーカーの製品に多様。 乱尺フローリング 部分の長さが様々な床材。堅い木がほとんど。幅メーカー・製品に、様々な。 その他 正方形 1枚に複数の長方形を正方形に組み合わせて1つの製品にしたことがある。 雁行形 複数の矩形を重ねて結合して1つの製品にしたもの。
[PR]

by ralphralphralph | 2010-06-30 15:02

<< 床を暖めることによって部屋全体...