床を暖めることによって部屋全体を温める施設   

2010年 07月 05日

ハイポコースト(hypocaust、ラテン語:hypocaustum)は、古代ローマの中央暖房システムである。言葉自体は、古代ギリシャ語hypo(下)とkaiein(火をつけ、または火を燃やす)に由来する、"下から上に熱する"という意味を持っています。ゼルギウス・オラタ(Sergius Orata)が発明したとされるが、完全に確認されたわけではない。 ハイポーコースは、ローマ時代の銭湯や個人の住宅として使用されていた。底をpilae stacksという柱の地面から持ち上げ、壁の間にスペースを残して、オ炉(praefurnium)で熱気と煙を床と壁に供給屋根の近くの煙突から排出する。これにより、室内空気を汚染しないで暖める。壁の中に空の四角形のタイルを書き、それを熱気の送管と同時に壁から部屋を暖かくする。よく暖まるし、部屋のストーブの近くに火くべる木を加算することは暖房の効果を強くすることができます。ハイポコーストを運営するには、火の世話をするため、労働力が必要で、使用人を誰も抱いているヴィラや公衆浴場で使用されていた。 ウィトルウィウスは、紀元前25年ごろゼルギウス・オラタが考案した構造と運営方法を詳しく説明しており、公衆浴場の高い温泉客室(カルダリウム)と微温浴室(テピダリオム)の効率的な配置と燃料の供給の方法などを示している。また、ドーム型天井の青銅換気装置による温度調節も詳述している。 ローマ建築のハイポコーストは、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ各地の遺跡で見ることができます。ハイポコーストは、ローマ市民の健康と住環境の改善に貢献し、古代ローマの主要な発明の1つとされている。そして現代的なセントラルヒーティングの先駆者でもある。 ローマ帝国が衰退しているハイポコーストにも使用されず、特に、帝国周辺部では使用されなくなっていった。イギリスでは400年頃から1900年頃までに、中央がなく、熱い風呂にも珍しかった。しかし、地中海周辺では比較的長く、ハイポコーストを使用して、例えば、ウマイヤ朝の王が使用していた。しかし、12世紀にされているイスラムの技術者や発明家がより高度になった床暖房システムを考案し、それを取り替えた。 ハイポコーストの派生gloriaは、現代的な暖房設備が登場するまで、カスティーリャで使用されていた。これは薪が燃え尽きた後に、空気取り入れ口を閉じて熱い空気を入れるようになっていた。 オンドル(オンドル、温突)は、朝鮮半島や中国の華北北部東北部で普及している床下暖房です。クドゥル(オンドル)とも呼ばれている。元の形式は、台所の竈で煮炊きするときに発生する煙を居住空間の底を通過すると、床を暖めることによって部屋全体を温める施設。火災の危険を避けるためにオンドルを備えた家の土台は、すべてクドゥルジャンと呼ばれる板石を使用して、積んで部屋の床は、平板の上に石膏で塗り固め、その上に油を吸収させている厚紙を付ける。朝鮮半島では、すでに三国時代からの仕様の跡が見られ、飛鳥時代の日本に渡来した高句麗と百済の出身もオンドルを備えた住宅に住んでいたようだ。しかし、この暖房方法は、日本には受け入れられなかった。 台所で調理するときの排気を利用した暖房システムですが、料理しなくても暖房に竈に火を常に入れておく。台所がない別棟には暖房を目的として焚口を作る。また、暖房が必要な夏は、オンドルにつながっていない夏の専用の竈を調理に使用する。しかし、床下の殺菌、殺虫を目的として2週間に一度程度のオンドルに火を入れることもあった。
[PR]

by ralphralphralph | 2010-07-05 15:38

<< 現代的なセントラルヒーティング 電気式床暖房構造を内蔵したフロ... >>